忍者ブログ
ネガティブ人間だけど「楽しければまぁいいか」が基本思考。異空間を満喫中な「なおい」の自由気ままなブログです。…たぶん。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
なおい
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1987/11/11
自己紹介:
【活動情報】
当日制作を1月1回の目安で。
一身上の都合により、外部スタッフ参加は今お話をいただいているところ以外はしない予定です。
最新CM
[02/15 なおい]
[02/15 みつば]
[02/11 3k]
[12/10 とみぃ]
[11/30 なおい]
Blog Pet
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



like.gifなおいは『リラックマ』が好き。
・・・でも最近、『かものはしかも。』もスキ・・・かも。

左のイラストはSan-xネットより。
ここの『かものはしかも。』のページで4コマを公開してるのですが・・・いいなぁ、本買おうかなぁ、と思ってしまった。
『リラックマ』の本は1冊も持っていないのに(全部立ち読み)。
ちなみに、左の黄色いのが『かものはしかも。』で、上に乗ってるのが『はりねずみかな』。他にも『かものはしダス。』とか『あひるなの。』(双子)とかがいます。
語尾がそれぞれ「かも。」「かな。」「ダス。」「なー」「のー」です。もー、かわいい。

1_img.gifあ、もちろんリラックマも好きですので。
新シリーズの「いちごシリーズ」のコリラックマがかわいくて仕方ありません。キイロイトリもキイロイトリオンリーのシールが発売されたりして人気上昇中?
リラックマは大丈夫なんだろうか・・・(笑)





あぁ、そうだ。前置きはこれくらいにして。
日曜日、F原さんと千本今出川の洋食屋さんでランチしてきました☆
(チキンカツがおいしかった。トマトソースが良かったんだろうか)
始終、制作系の話ばかりしてました(アラ?/笑)
や、もともと「相談させてください」ということで貴重な時間を割いていただいたのですが、もうちょっと何かないのか自分、と融通のきかなさにほとほと呆れているところでございます。
でも、さすがやっぱり経験値も知識も判断力も何もかも違うなぁ・・・と。
自分1人だと曖昧だったり全く考えもしてなかったことを次々と指摘してくださって大助かりでした。
帰宅してから、それを元にプロデューサーとの打ち合わせ用レジメを作成。
A4用紙で余白を全て10mmにしても4枚ぎっしり。
あぁ・・・・。


これを読んでいる方は皆さんご存知だと思いますが、なおいは機敏ではありません。
頭の回転も話し方も動作も何もかも遅いです。
「おっとりしてる」とよく言われますが、生まれつきです。家族の誰の言葉も「早くて聞き取れなかった」という経験がないので、家族全員人よりはゆっくりはっきり喋る方なのでしょう。幼稚園くらいの頃に母が友人に「うちの子はおっとりしてるから・・・」と言っていたことがありますが、そのように育ってしまったのだから仕方ない。かく言う母も、実家では「おっとりしてる」と言われて育ったそうです(いい意味ではなく異端な意味で言われていましたが)
そう、「おっとりしている」ことが決していいことではないと分かっているのです。嫌味でもあるときもある、と。
でも、こればかりはどうしようもなく。
(他の人のイラつきの原因にもなるからと緊張しているうちに仲良くならないとあんまり話さなくなってしまいました。これも人見知りの原因だな)


でも、「普段こんな喋りでよかったかも・・・」と時々思うのが当日制作。
の、もぎり・精算作業。
「ご予約されていらっしゃいますか?〇名様で△円となります。こちら◇円のお釣りとチケット半券と(パンフレットor整理券と)なっております。ごゆっくりどうぞ」
の言葉を(私なりの)早口で言っても相手は聞き取れるらしい。
そして当日制作のもぎり・精算作業に関して経験値を人の倍くらいつんでやっとだと思うけど、意識がフッと遠のいていても口は勝手に喋ってるってくらいにはできるようになったと思う。
実際、2月始めに受付をしていたとき。40分で100名以上を対応しなければいけなかったのと、受付窓口の中の酸素が薄れていたのとで、1・2回意識がどこかにいきそうになったときがあった。
でも口は勝手に喋っていて、遠のいた意識で感心したものだ。
「おぉ、やるじゃん、私」


まぁ、もぎり・精算作業はできるようになったけど。
でも実はなおい、場内とかフリーで動き回るとかはそんなにしたことがなく。
やったことはあるから、他所でそのポジションにまわされてもできるけれど二度足を踏むことが多い。
「なんかお客様がもたついてる。声かけた方がいいのかな。あ、あれは困ってる?困ってるの?私、助けに入ったほうがいい?必要?よ、よーし・・・・・あ、解決したっぽい?」てな感じに。
つまり、瞬時の判断力に欠けるのだ。
そんなわけだからチーフを任されるのは非常に困ったりもする。
まだ、自分以外に制作スタッフがいる場合はいい。いなくても当制さんたちが自分よりも経験豊富ならいい。人間座や西部もまぁがんばろう。劇研もスタッフさんいるし、ある程度要領はつかめた。スタンダードなスケジュール、芝居ならなんとかなる。
でも、そうでない場合は本当に困るのだ。
3月の大阪公演。やったことのないホール、しかもほぼ見知らぬ土地、アフタートークに日替わりゲスト的なもの、暗転試合・・・エトセトラ。
プロデューサーとの打ち合わせレジメを作ったのは私が真面目だからじゃありません。
不安でしょうがないんです。本番頼れる相手がいないために、不安要素をできる限り事前に減らしておきたいんです。
(当制で信頼してる方々はきてくれますが、第一責任者は自分なため)
何か問題・課題が浮上して「じゃ、こうしてください」っていう機転が働かない人間なのです。
レジュメ作ったって、それ以外に予想外の事態が起きたらフリーズすることでしょう。『かものはしかも。』みたいに迷いすぎて3分間まっしろになってフリーズしちゃうかもしれない。
第八次でサブチーフで西部でやったときだって、本番中は帰路-帰宅-就寝の記憶が曖昧だったのに本当に大丈夫なんだろうか。


あぁ、不安だ。不安だけど、さすがに現場やホール入りしてから受付ヘッドがこれでは失格なので、ここに吐き出しておくことにした。
お目汚し、誠に失礼致しましたm(_ _)m

PR


皆さんお久しぶりです。なおいです。
書きたいことは沢山あるけど、うまく言葉にならず。
大好きな大好きなお姉さま(笑)のブログで見つけてきた地雷バトンでもしてみようかと思います。携帯で入力したら一番頭に出てくる言葉は?っていうよくあるあれね。
結果・・・


あ アフター
い 今
う 受付
え 映像
お 教えて
か 確定
き 休憩
く 下さい
け 決定
こ コピー

明らかに直前まで受付に関するメールを送っていたの丸分かりの語群になってしまいました。
この後も「最長 終演 ステージ」などと続くのでやめときます。
面白くなさ過ぎます。
アフターてなんやねんて、アフタートークですよ。
映像てなんやねんて、某内閣での担当は誰かと言う話ですよ。
休憩てなんやねんて、終演後アフタートークまで休憩は挟むのかという・・・あぁ、なんて面白くないんだ私。

先日、某内閣の打ち入りに行って参りました。
年下が6人もいました。どうしましょう。
立派に年少組じゃないですよ、ちょっと。
JMPでご一緒した平田さんも出演されることになって、席が隣になりました。
いつもにこやかに豪快に話して下さいます32歳のおぢさまです。

「直井さんてまだ学生やったんやねぇ」

え?あ、はい。前回は最年少で制作やらせていただきました。

「ついさっき初めて知ったよー」

えぇっ。私初対面で「今日、大学創立記念日で」って言いましたが(笑)

「学生さんでそんだけ制作働けるのすごいよー」

的な褒められ方しました。嬉しいです。ありがとうございます。

「学生さんなのに、なんでそんなに落ち着いてんのー」

よく言われます。でも違うんです。ぼーとしてるだけなんです。
混乱しててんぱってても、ヘラヘラ笑って見えるだけなんです。
内閣恒例自己紹介の前までは平田さんと話し、その後はうろうろ。


打ち入り開始までに少し自己紹介を交わした超美少女の四方香菜ちゃんはとっても可愛かったです。

「『し』をぬいたら『カタカナ』って覚えて下さいv」

そんな覚え方しなくともすぐ頭にインプットされますですよ。
かなちゃんはショウダウン所属だそうで。今回演じる役は今までやる役よりも明るいとのこと。その役名を「○○ちゃん」と呼んでいるのがまた可愛かったです。


どうでもいいですが、実はその役のモデルは私らしいです。高間さんに上機嫌に言われてびっくり。でも私は腐女子ではないです(弱冠ネタバレ)
今でも付き合いのある中学時代の友達は殆ど腐女子なんですが、そのうちの1人に「さっちゃんは漫画とか小説とかはまりはするけど、オタクにまではならないよね」と言わしめたほどです。
そうね。はまってオリジナルグッズを少し買いはしても、コミケとか同人誌(他の人が書いたもの)には興味ないもの。ミュージカルとかに行こうとも思わないし(某庭球王子のミュージカル見て爆笑したことはあっても『きゃーv』とはならない/笑)本編にないCPを妄想したりもしないし。
腐女子な友達の話を「へー」と聞きはしますがね。その子たちのそういう話は、その子自身が楽しそうなので全く不快ではありません。


話は戻って。
かなちゃんを是非口説こう(ぇ)と思ったのですが、自己紹介後すぐ帰られてしまいました。残念。
浅井さんや源氏さんに抱きつきまくった後はみっちゃんと話していた栗山万葉(まよ)ちゃんにターゲットロックオン。
この子は反応もとってもかわいいんです。
緊張もしくは動揺するとものすごくどもります。
「な、なんでですか?!」なんてもんじゃありません。
「なななななんでですか?!」です。
11日の演フェスで受付一緒にするそうなので、楽しみであります。
後、煽り映像を作ってくれる造形大の女の子もとっても可愛かったのですが、話しかけようと思った途端帰ってしまいました。
がっくし。


・・・なんか、女の子口説きに打ち入り行ったみたいですね。
や、でも総裁と受付に関する話もしたし、景気づけのためにテキーラいっきしてベロベロになった演出を支えて河原まで行ったりと制作ぽいこともしましたよ(笑)
あ、でも。
私、制作参加じゃないですよ。あくまで補助ですよ。
本番2日前からしか関わりませんよ。準備もする当日制作程度ですよ。
まぁ、正制作さんがいないので目立ちますがね(苦笑)

前回と違って、DMや予約やパンフは担当しないので、3月まで温い目で見守ります。
頑張れ、女の子!!(ん?)


どうもみなさんこんにちは。
家でパソ作業しててもう23時くらいかなと思ったら19時でびっくりしたなおいです。本気でびっくりしました。びっくりしすぎて窓を見たけど23時だろうが19時だろうが真っ暗には変わりなかったですね、ハイ。

そうそう。パソコンでこれを観ている奇特な方は、←にペンギンがいるのをご存知でしょうか?
クリックで喋るブログペットです。
ブログの記事で覚えた言葉をめちゃくちゃに喋ります。
前は「位置が欲しい」って言っていました。
居場所をもらえない子みたいで可哀相です。
今日は

「受付用金庫が動いてないですとか言ってみる♪」

と、なんだかとても楽しそうに喋っていました。
実際に動いても怖いし、機能していないという意味だったら現実的に怖いです。


さて、今日は無意味にJMP参加者の人々の紹介でもしてみようと思います。
そんなのはJMP稽古場日記にでも書けと思われるかもしれませんが・・・
そんな大胆なことはできないので、ここでひっそりこっそり書いてみます。
愛あるイヤガラセ独り言です。
では、ビラに載っている順番です。ネタバレ大好きです(ぇ)

◇◇◇役者様方◇◇◇
卯月羊 (ぼーきちさん)
主役です。ぼーきちさんは悩める若者がとても似合います。
普段は温和な空気をかもしだした、羊の皮を被ったワンコみたいな方です。
困るくらい背があります。なおいは最近、彼の肌荒れが気になってなりません。

嵯峨シモン(シモンさん)
いつの間にか2年ぶりの役者復帰みたいなことになっていました。
つくづく「契約違反」という言葉と隣り合わせな方です。ガンバレー。
殺陣指導のときは声の調子が変わるので「誰、この人」と時々思うのは秘密です。

鍋田幸治(鍋田さん)
この方の「俺が一番かっこよくなきゃ!」精神には脱帽します。素敵です。
腰を痛めて殺陣をあまりできないことを悔しがっておられます。
でも充分目立つし、すっごいかっこいいとこ持って行きます、脱帽です。

平田靖博(平田さん)
今回初めてお会いしました。1度だけ出演作品を拝見したことがあります。
あぁ、この人は本当に演技がうまいんだなぁと思える役者さん。
でも殺陣一切ないのに殺陣指導を嬉々として受けている姿が濃ゆいです。
 
三好淳志(三好さん)
今後のあだ名は「メガネ」で決定だと思っています。なおいの恋のライバルです。
殺陣は久々だということですが、素早く力強くキレもある殺陣はカッコイイです。
「中学生」「おぢちゃん」の仲で「あぁ、兄妹とはこういうものかな」と思っています。

上田直人(上田さん)
今回の最年長者にして脚本・演出・出演・殺陣指導いろいろこなすお兄さんです。
クールとギャグの使い分けが見事でドキドキします。近づけません。
普段わりと無表情ですが、カーテンレールを振り回す姿は非常に輝いておりました。

浅田麻衣(浅田さん)
役者さんとしても制作さんとしても好きな方。今回も誰かを平手打ちしてほしいです。
最近のなおいと浅田さんの間では会話の前に必ず無言のやりとりが生じます。
そのうち無言で全て通じ合えるようになるんじゃないかと期待に満ちています。
 
橋本源氏(源氏姐さん)
「普通の女の子をやりたい」とか前言ってた気もするけどきっと気のせいです。
源氏さんに武器はいりません。目で人を殺せます。殺人ビームは健在です。
大好きです。これはもう早く嫁にもらってもらうしかないと思っています。 

酒井信古(しのぶさん)
しのぶさんはやっぱり「つっぱってる部下」が似合うなぁと思います。
久々に会って「髪短くなってる!」と言ったら「なおいちゃんも短くなったね」と。
気づいてくれるなんていい人だと株価が急上昇しました。
 
谷内一恵(やちさん)
普段落ち着いた話し方なのに、高慢な役がピタリと当てはまります。
やちさんの演技に泣かされやすいので、今回それがなく残念です。
それでもしのぶさんとやちさん2人のコンビはテンポよくて楽しいです。 

松村じゅん(松じゅんさん)
なんだかあまり知られてないけど、本公演の責任者・プロデューサーさんです。
役は偉そうな口調なのに、素では刀が使い慣れないらしく戸惑っていました。
松じゅんさんも久々の役者復帰。大らかに役に挑んでおられます。

森田みさを(森田さん)
今回初めてお会いしました。1度だけ出演作品を拝見したことがあります。
去年今頃の集団ATPに出てた冨岡穂々さんに雰囲気が似てるなぁと思います。
上品な空気を持った美人さんでいつか必ず抱きついてやると決意しています。


皆さん、遅くまで延長練をして稽古に励んでおられます。
延長練だと殺陣が多いのですが、楽しそうに殺陣をする人が多いですね。
スタッフやってると、やっぱり楽しんでる役者さんて自然と励みになります。
皆さんが楽しかったと思えるような公演にしたいなって思いますから。
2時間、頑張ってほしいなと思っています。

まぁ、つまり。
私の主観思い切り交えたけどいい人たちだから勇姿を観に来てくださいな、と。
そう言いたいわけですね。


今、演出やってましたΣ(・□・)


劇団紫の稽古場ブログをのんびり更新しておりますので、よければそちらご覧下さい!
http://blog.livedoor.jp/murasaki_d/

劇団紫鷹陵祭公演
『Dの呼ぶ声』
11月1日(土)~3日(祝)
毎日13:30開演(13:00開場)
場所:佛教大学鷹陵館1階多目的ホール
料金:無料

上演時間は1時間半程を予定しております。
大学祭中なので、他のイベントや出店とあわせてお楽しみいただけたらと思います。
(場内での飲食はお断りしております。申し訳ありません)

「真面目なのだかふざけてるのか分からない、真面目な話ではあるんだけどせっかくこのメンバーなんだから少しは遊びたいじゃない?」をコンセプトに頑張っております。
嘘です、ごめんなさい。それは今考えました。
でも、1人1人の持ち味が出せたらなぁ・・・と思っております。
話がどうこうというよりは、今私たちがこの芝居をしているというのが大事なわけで。
本番中はしーらない、がんばれみんなー、と思ってますが、開場中は受付で開演したら舞台上にもちょこっとあがります。
そんな私です。


あー・・・敵前逃亡はかりそうだわ。
(↑去年演出した時は開場中は緊張の嵐、上演後は緊張の糸切れて涙ぐんでた)



昨日に引き続き、今日も大阪に芝居を観に行って参りました。
1e353280.jpg烏丸から長堀橋へ。阪急を使えば620円で行けちゃえます。
乗り換えも1回、しかも同じホームで乗り換えちゃえるから楽ですね。

今日観に行ったのは私の大好きな橋本源氏さんの出ているお芝居、明朗会計第七回公演『Stand or Hit』です。
会場のIST-零番館は行ったことないけれど、ちょうど23日に紫勢も行くといっていたから一緒に・・・と思ってたら、急遽別の芝居を観に行くことになり、しかも昼間に大阪にきたい理由があったので、本日一人で行って参りました。
充分間に合う電車に乗って行ったのに、地図を見ながら「目的地は北なのに南に行ってしまう」という初歩的ミスを犯したのと、差し入れのことをすっかり失念していたためにぎりぎり。
ぎりぎりすぎてドキドキしながら行ったら、受付のヒトたちに丁寧に案内されてさらにドキドキ。
(エレベーターまで案内してくれて、しかも閉じるときに「行ってらっしゃいませ」って丁寧にお辞儀してくれるんです。カッコイイ男のヒトが。そりゃドキドキするって。)
場内に入ったら、開場中だけど源氏さんが舞台上に出ていたのでドキドキピークで見てまいりました。

舞台はカジノ。ブラックジャックというゲームが中心のお芝居。
だから、前説と兼ねて役者さんがブラックジャックの簡単な説明をしてくれました。
(このお兄さんもかっこよかったです。系統としては蜜さんに似てました。)

感想は1~3日たたないと頭の中で言葉にならないのですが・・・。
すごく丁寧。しっとりとしていて、でもすごく優しい話や雰囲気でした。
そして、場面も変わらないし激しい芝居ではないのに退屈しませんでした。

・・・あ、1つ激しかったです。源氏さんのダンスが。
フリフリの衣装着てモームス(?)を1曲まるまる(?)踊ってくださいました。
それでも、表情や動きが凛としていて目力ばっちりで綺麗で目力ばっちりで、ものすごく違和感(笑)
途中で舞台袖から小さな籠がでてきて、それを持ってお菓子を客席に配ってくれました。「最前列がおすすめ」と聞いていたので、そうしていたら飴をくれました。ドキドキしました。
あんなに激しく踊っていたのに、その後の演技もしれっと目力ばっちりでこなしてしまうあたりがさすが。実際は苦しかったようなんですが(息を整えてるんだなと見ても分かりましたが)、演技自体がぶれなかったです、さすが。

終演後、芝居自体に関しては考えがまとまらなかったので「思い切り身体そったときの目力すごかったです!!」と言ったら「そこ?!」て言われました。
うん、そこ(笑)


忍者ブログ [PR]