忍者ブログ
ネガティブ人間だけど「楽しければまぁいいか」が基本思考。異空間を満喫中な「なおい」の自由気ままなブログです。…たぶん。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
なおい
年齢:
31
性別:
女性
誕生日:
1987/11/11
自己紹介:
【活動情報】
当日制作を1月1回の目安で。
一身上の都合により、外部スタッフ参加は今お話をいただいているところ以外はしない予定です。
最新CM
[02/15 なおい]
[02/15 みつば]
[02/11 3k]
[12/10 とみぃ]
[11/30 なおい]
Blog Pet
バーコード
カウンター
[215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



某総裁の日記に、『(もし自分が死んだら)どう埋葬されようと構わんが、(妻子に)負担にならないように』と書いてあった。
もしも、自分だったら…と考えてみる。

葬式だとか墓に埋葬だとか四十九日だとか…私はしてほしいとは思わない。命日周辺にふと思い出してくれたら、それで十分だと思う。
だって、葬式とか法事とかってお金もかかるし準備片付けも大変だ。家族は故人を悼む間もなく働かなければいけないし、親戚は故人を省みず久々に会う親族との会話に盛り上がる。
少なくとも、うちの実家はそういう感じ。

それは嫌だ。
自分の死をだしにして嫌いな親族が楽しんで、大事な家族は苦労するなんて絶対嫌だ。
だったら、葬式なんてせずこっそりどこかに埋葬してほしい。

どこがいいだろう。
1番に思いついたのは川だ。灰を川に流してもらうってすごくいいなぁと思う。溺れる心配もなしに川を流れてみたいなぁって生身でも思うから。
でも、骨が邪魔だ。灰になりきらない骨。まぁ、焼いたときにいらなければ処分はしてくれるんだけど。
カエルさえでなければどこでもいい。
たいていの墓地はカエルがでるから、やっぱり墓地に埋葬されたくはない。

……。

帰省して、カエルの鳴き声はよく聞く。でも姿は見てない(危ない場所に行かないし見ないから)。
なのに、なんでこんなにblogにカエルカエル書いてんだろう。
帰省してからのblog出現率は妹の次に多い。
ぇ、好きと嫌いは紙一重?嫌い嫌いも好きのうち?

んな、アホな…。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
このコメントは
私の芝居を観ていただいたら
いいと思います。(笑)

そんな台本を書いたのだ。
とみぃ 2008/08/19(Tue)00:44:25 編集
宣伝された。
はぃ、行きます!
心身ともに無事生きてたら!(笑)
なおい 2008/08/19(Tue)14:40:20 編集
忍者ブログ [PR]