忍者ブログ
ネガティブ人間だけど「楽しければまぁいいか」が基本思考。異空間を満喫中な「なおい」の自由気ままなブログです。…たぶん。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
なおい
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1987/11/11
自己紹介:
【活動情報】
当日制作を1月1回の目安で。
一身上の都合により、外部スタッフ参加は今お話をいただいているところ以外はしない予定です。
最新CM
[02/15 なおい]
[02/15 みつば]
[02/11 3k]
[12/10 とみぃ]
[11/30 なおい]
Blog Pet
バーコード
カウンター
[207] [206] [205] [204] [201] [200] [199] [198] [164] [163] [162]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



パソコン立ち上げてブログを書いている。
親に見つかったら怒られるに違いない。

年々、父は神経質になってきて参っている。今日も末っ子がなかなか泣き止まないからって怒鳴りつけて益々泣かしていた。しかも、TV(オリンピック)の音が聞こえないって怒鳴る。
だったら、上の部屋で一人ご飯食べながら見てろって言い返さなかった自分を褒めてあげたい。私も少しずつ寛容になってきているということだろうか(言い返さなかった理由はこれ以上父の機嫌を損ねて、母や妹たちが不快になるのを防ぎたかっただけですが)。
や、父のことは嫌いではないですよ。小さかった頃は「大きくなったらお父さんと結婚するー!」て言うくらい可愛い娘だったんですから。
ただ、私の優先事項が妹が上になっただけのことなんでしょうね。

土日はそんな妹たちと1人ずつ映画デートしてきました。
土曜は上の子と『崖の上のポニョ』、日曜は下の子と『ポケットモンスター』。
なんでこんなことになったかというと、私が帰省決まったときに母に『お姉ちゃんは(上の妹の名前)とポニョ見に行きたいです』と送ったかららしいです。
言い訳させてもらえれば、別に下の妹が一緒じゃ嫌だとかじゃなくて、私の中で下の妹は小学2年生じゃなくて保育園児の印象が強かったから、あえて書かなかっただけなんです。保育園行ってる間に上の子をかまってあげよう、くらいのつもりで。
ところが、そのメールを見た下の妹が「行く!」と言い出し、上の妹は「お姉ちゃんはうちと2人で行くの!」と・・・言い出したようです。
帰省してからそれを聞き、誤解を解こうとしたのですが・・・まぁ、私は基本上の妹に特に甘いので。
(下の妹はほっといても末っ子甘えっ子気質で我侭放題ですが、上の子は甘えも我慢しちゃうので、つい)

「じゃ、土曜は(上の妹)ちゃんがお姉ちゃんとポニョ行って、日曜に(下の妹)ちゃんはおねえちゃんとポケモン見に行こっかー」

かくして、連休は1人ずつ妹孝行することになったのです。


~土曜日『崖の上のポニョ』 小学6年生とのデート編~

香川県綾歌郡宇多津町のビブレ内にあるWARNER MYCAL CINEMAS(ワーナー・マイカル・シネマズ)に行って参りました。ワーナーマイカルは京都だと高の原にあるらしいですね。
この映画を見る前後に、「いつもはダメってさせてくれん」というクレーンゲームなどで妹を遊ばせました。
すごく楽しそう。小さいのをいくつかとってましたが、私はとれません。しょぼん・・・。

18時からのポニョは土曜なのにポニョなのに空いてました。
一番広い352席あるスクリーンだったんですが・・・パッと見、20~30人くらい?
真ん中の方に座ってたんですが、同じ列には誰もいなかったです。

肝心の内容は・・・もっと純粋な頃に見たかったですね。
確かに面白いんですが、「きもちわるい・・・」と思ったり「おいおいおい」と内心ツッコミいれたくなったり。
妹は見終わった瞬間に「面白かった!」と笑顔で言うくらい面白かったようです。
おねえちゃんは、あなたの純真さがほしいです。

まぁ、主役の2人が5歳児ですから。そりゃ、それくらい純真じゃないとですよね。
2人のお母さん達が好きでした。なんというか、母強し、て感じ。
まぁ、詳細は公式サイトか映画館でっ。
私はトトロとかラピュタとかナウシカとか昔の方が好きですからあまり強くは勧めませんが、見てみてもいいと思いますよ。


~日曜日 『ポケットモンスター』 小学2年生とのデート編 ~

前日と同じくワーナーマイカルへ。
日曜の14時からの回だったんですが、さすがに混んでました。
140席のスクリーン、上演時間20分前でしたがすでに2人並んで座れるのは最前列の端だけ。
352席はポニョで固定でも、まだ162席があるんだからそっちにすればいいのにって思うくらい混んでました。
うちの妹は外見も中身もどう見ても幼児にしか見えないので、2人並べる席がかろうじてとれてよかったです。

これはポケモン好きかつ、今のもわかるって人にしか勧めれません。
私も金・銀まではわかるんですが、今はちんぷんかんぷんでした。
妹や会場の子供たちはウキウキでしたけどね。

そう、子供。
会場が込み合ってるから、大人数で来れば来るほど離れ離れになるんでしょうね。
私たちの後ろは男の子が3人座ってたんです。保護者はパっと見、見当たらず。
そして、マナーが悪い。
たぶん一番小さい子だと思うんですが、上演中も大きな声でしゃべるは前の席(私たちのです)をけり続けるは、挙句の果ては身を乗り出して私と妹の間に腕をぶらさげてくる。
妹が怖がってしまって、膝の上に避難させたんですがこれは困る。
かと言って、叱って泣かれても困るし(他の人に迷惑だ)、どこかにいるであろう親に難癖つけられても困る(若い親にはありがちだ)。
困って、じゃっかん大げさに後ろを見たり周りを見回してたら、通路はさんで3,4席向こうの保護者の方が気づいてくれました。
そっと近づいてきて、けり続けてる子供をそっと注意。
助かった・・・良かった、常識は一応あった。

その後は子供は蹴ってこなかったので、親の言うことは聞くんでしょう。
ただし、また腕ぶらんはしてきたんで、今度はぐいっと押しやってやりました。
たぶん、これくらいなら泣かないし親に難癖つけられることもないだろうって確信もてたので。
何も言わず、無言で押しやった方がびっくりしてもうやらないでしょうし、泣かないし。
案の定、うまくいきました。
うちの妹も座席で動き回るので(軟体動物だから)、本当一緒に座れて良かった良かった。

自分1人ならほっとくんですが、妹怖がらされちゃぁね。
年々おばちゃん根性の母なら怒鳴りつけたでしょうが、まぁ、穏便に。
その後は妹の要望通り、パンフレットを買って、クレーンゲームして、サイダー買ってプリクラを撮りました。

上の妹の場合は、どれだけ我侭を言わせるかが目標でしたが、下の妹の場合はどれだけ穏便に我侭を抑えさせるかが目標。
結果的に1人ずつ相手できたのは良かったかなぁ。

つくづく姉妹らしくないなおい3姉妹でした。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]